黒にんにくの食べ方

黒にんにく食べ方

にんにくの甘みの秘密
実はにんにくは、生にんにくのままでも糖分が高い野菜です。生の状態だと、辛み成分が勝ってしまうので、甘みは感じられないのです。熱を加えると辛みは無くなるので、甘みを感じられるようになります。




黒にんにくはうまいんですが、一日に一粒が適量といわれています。

食べ過ぎにはくれぐれもご注意を。




そのまま食べる
プルーン・レーズンのようで、とっても柔らかく、デザート感覚で食べれます。

冷蔵庫で冷やす
水分が飛んでいるので、若干の歯ごたえがあります。グミのようで、クセになる方もいると思います。甘さにコクと、丸みがでます。冷やした黒にんにくは、是非お試し下さい。

冷凍する
シャーベットとグミの間のような食感です。不思議ですが、黒にんにくは冷凍庫で保存しても凍りません。なぜ凍らないかというと、熟成しているからだそうです。お勧めの食べ方です。

スライスしてトッピングとして使用する
パスタにのせたり、アイスクリーム・ヨーグルトなどにも相性が良いです。デザートに合わせると面白い味になります。

潰してペースト状する
ラーメンなど醤油ベースの料理や、味噌などの発酵食品と相性が良いです。

皮をお茶のようにして飲む
黒にんにくの皮には、ポリフェノールが大量に含まれます。一度「黒にんにく茶」をお試し下さい。

ページTOP